ゴールドとシルバーのiPhone

Update Information

iPhone修理ができないのは

車内

画面がバキバキになっているiPhoneを使い続けている人を見ると不思議ですが、iPhoneは多少の故障でも使い続けられるものだと実感します。しかし、iPhoneも故障が進行すると修理が必要となります。そのさいには、正規店、正規プロバイダーのどこかで修理します。その費用は、画面修理だと1.5万円程度、基盤本体の修理だと3、4万円程度で大きな負担となります。しかし、新品を10万円程度で買いなおすことを考えると、割安なのも事実です。ただ、これらに持ち込んでも修理を受け付けてもらいないケースがあり、それが次の4つの状態、『基板自体が完全に露出している』『本体が折れ曲がっている』『本体の溶解している、あるいは本体の一部が欠損している』『海水や汚水に浸かった痕がある、それかあるいは不正改造した形跡』です。
正規の修理ルート以外で修理交換した形跡がある交通事故で車にひかれるなど不慮の事態が起こらない限り、ここまでの事態になることがありませんが、ここにある「正規修理ルート以外で修理交換した形跡がある」には気を付けなければなりません。これは街でよく見かける非正規のiPhone修理屋で修理した場合のことです。

TOP